やけどケア

やけどにオロナインが効くって本当?常備しておくと便利なオロナイン

投稿日:

やけどにオロナインが効くって本当?常備しておくと便利なオロナイン

オロナインと聞くと、家庭によく置かれている皮膚に良い軟膏と思われる方も多いでしょう。

実は、やけどにも効果があることをご存知でしたか。

日常生活の中で身近なケガである、やけどに対応してくれるお薬を常備できていると安心ですよね。

では、オロナインはどのような製品でしょうか。

また、どんなやけどにも使えるのでしょうか。どのように使用したら良いのでしょうか?

そこで今回は、やけどにオロナインが本当に効くのかどうかについてご紹介していきます。

 

昔からあるスゴイ軟膏!オロナインとは?

やけどにオロナインが効くって本当?常備しておくと便利なオロナイン

オロナインH軟膏は、大塚製薬が販売している皮膚用抗菌軟膏剤薬(第2類医薬品)で、成分と効能は以下の通りです。

成分

グルコン酸クロルヘキシジン液が主要な成分で、これは消毒薬です。他には、止血薬のラウロマクロゴールと乳化剤のポリソルベート80、止血剤の硫酸アルミニウムカリウムが含まれています。

スポンサーリンク

効果・効能

ニキビ、吹き出物、はたけ、やけど(軽いもの)、ひび、あかぎれ、水虫、いんきん、しらくもに効果があるとされています。

 

軽いやけどにはオロナイン!Ⅱ度以上のやけどはNG

やけどにオロナインが効くって本当?常備しておくと便利なオロナイン

やけどに効果がありますが、軽いものと限定されています。軽いかどうかは、どう分かるのでしょうか?

やけどは、症状の程度によって段階に分かれています。

そのうち、オロナインを使ってよい軽いものはⅠ度熱傷という状態です。

以下がやけどの深度を見極める目安です。

①Ⅰ度熱傷

皮膚の表面の層のみが損傷している場合。日焼けも含まれます。

ヒリヒリとして赤くなります。数日で完治し、跡にはなりません。

②浅達性Ⅱ度熱傷

皮膚の表面の二番目の層の真皮という部分の、上層部が損傷した場合。

痛みが強く出て、赤くなり、水ぶくれができるという特徴があります。

スポンサーリンク

③深達性Ⅱ度熱傷

真皮の深層部分まで損傷した場合。

赤く腫れて、水ぶくれができますが、痛みは軽く、水ぶくれの下の皮膚が白くなります。

④Ⅲ度熱傷

皮膚の全層が損傷した場合、痛みを感じる神経が失われるので、痛みはなく肌の表面が壊死することがあります。

水ぶくれはできず跡が残り、機能障害が残る場合や、植皮手術が必要になる場合があります。

 

オロナインはやけどの患部を冷やしてから塗ろう!

やけどにオロナインが効くって本当?常備しておくと便利なオロナイン

Ⅰ度熱傷の状態のやけどの場合、次のような手順でオロナインを使いましょう。

① 冷水で15分~30分ほど冷やす

②オロナインをそっと患部に塗る

この2つの手順だけです。冷水がなければ、保冷剤や氷でも良いので、ガーゼなど清潔な布でくるんであて、患部の痛みが無くなったら、オロナイン軟膏をそっと塗りましょう。

注意点

オロナイン軟膏を塗って良いのは、Ⅰ度熱傷の場合のみです。それ以上の深度のやけどに使用すると、逆効果でかえって悪化する危険がありますので、使用しないでください。

そして、もし自分のやけどがどの程度か判断が付かなかったなら、病院に行って正確な診断をしてもらいましょう。皮膚の下では、やけどが進行していることもあるので、注意が必要です。

 

オロナインが有効なのは軽いやけどのみ!

やけどにオロナインが効くって本当?常備しておくと便利なオロナイン

軽い程度のやけどなら、冷水で冷やした後にオロナイン軟膏を塗ると、治りが良いので家に常備されている方はぜひ使ってみてください。

もしなければ、家庭に1つ置いておくと、いざという時に助けになる、様々な皮膚の病気にも役立つ軟膏ですから、オススメです。


関連記事

-やけどケア

Copyright© やけど(火傷)になった時の正しい対処法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.