やけどケア

やけどの跡を残さないための必須ケアとは?やけどをキレイに治す方法

投稿日:

やけどの跡を残さないための必須ケアとは?やけどをキレイに治す方法

やけどをした時に気になるのが、やけどの跡です。

特に女性なら、ヘアアイロンで顔にやけどをしてしまったとか、油が跳ねたなど、目立つところにやけどを負ってしまうと非常にショックですよね。

お化粧でカバーするのにも限界がありますし、できることなら,跡を残さず、キレイな肌を取り戻したいものです。

そんな時、自分でケアをしっかりとすれば、やけど跡を消すことが可能なのです。

今回は、やけどの跡をキレイに治すための必須ケアについてご紹介していきます。

 

やけどケアの基本!まずはよく冷やすこと

やけどの跡を残さないための必須ケアとは?やけどをキレイに治す方法

やけどに対する対処方法の基本ですが、やけど跡を残さないという面でも、冷水で冷やすことは一番重要です。

やけど直後のこの最初の対応により、跡が残ってしまうかどうかが決まると言っても過言ではありません。

冷水で、または氷や保冷剤を清潔なガーゼやタオルなどにくるんだもので、患部をしっかりと15分~30分ほど冷やしましょう。

スポンサーリンク

衣類に覆われている部分がやけどをしたら、衣類を脱がないまま冷やしてください。

無理に脱ごうとするなら、皮膚も剥がれてしまい、患部を広げてしまう可能性もあります。

やけどが皮膚の表面層だけなら、冷水で冷やした後は、市販の軟膏を塗ると良いですし、水ぶくれになるほど深くにやけどが達しているなら、病院に行き、跡が残らないように適切な処置をしてもらいましょう。

自分で水ぶくれを潰してしまうと、跡が残りやすいので、潰したくなる衝動に駆られるかもしれませんが、我慢してください。

 

体の中からも外からも摂り入れよう!ビタミンCでキレイな肌へ

やけどの跡を残さないための必須ケアとは?やけどをキレイに治す方法

ビタミンCには、コラーゲンを生成し、シミや色素沈着を薄くする効果があります。

それで、やけどの跡もビタミンCを摂り入れることによって綺麗に治癒することを期待できます。

ビタミンCが豊富に含まれている柑橘系の果物や、野菜から身体の内部に摂り入れることができます。

さらに行えることとして、ビタミンC入りのローションなどを活用して、やけどした患部に塗り込み、皮膚からビタミンC を摂取してみるのはいかがでしょうか。

 

普段からの心がけが大事!紫外線に注意しよう

やけどの跡を残さないための必須ケアとは?やけどをキレイに治す方法

スポンサーリンク

やけどした部分を紫外線にあててしまうと、やけどの跡の色が濃くなってしまうのです。

なぜなら、やけどにより、皮膚の組織が破壊されてしまうので、紫外線から皮膚を守る力が本来よりも弱くなっています。

また、紫外線を浴びることで、皮膚の炎症をぶり返してしまうことがあります。

かゆみや痛みも再発することもあり、紫外線はやけどの敵と言えるでしょう。

それで、やけど跡を濃くしないために、衣服などで紫外線を守ること、顔なら帽子の着用や、日焼け止めをしっかり塗るなどして気を付けましょう。

 

やけど跡は努力次第で薄くできる!

やけどの跡を残さないための必須ケアとは?やけどをキレイに治す方法

やけどの跡をケアする方法について考えてきました。

まず、やけどしたら、冷水で十分に冷やすことが肝心です。

その後は、適切な薬などを塗ったなら、ビタミンCの摂取や、紫外線からやけどの患部を守ることを心がけましょう。

気になるやけど跡も薄めて、キレイな肌を取り戻すことができるかもしれません。


関連記事

-やけどケア

Copyright© やけど(火傷)になった時の正しい対処法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.