やけどケア

やけどの処置に焦りは禁物!やけどの回復に差が出るセルフケアとは?

投稿日:

やけどの処置に焦りは禁物!やけどの回復に差が出るセルフケアとは?

やけどは、ちょっとした不注意で誰でも負ってしまうことがあります。

しかも、やけどをすると、ちょっとパニックになってどうしたら良いのか焦ってしまうこともありますし、逆に、たいしたことはないだろうと、処置しない方もおられるかもしれません。

もし、やけどを負った時に、最初にどう対応するかで、後々の皮膚の状態は変わってきます。

炎症がひどくなったり、痕が残ったり、細菌が入り込んで感染症を引き起こしてしまったり、場合によっては命の危険すらあります。

今回は、やけどの回復に差が出るセルフケアについてご紹介していきます。

 

すぐに冷水で冷やそう!軽度のやけどの場合

やけどの処置に焦りは禁物!やけどの回復に差が出るセルフケアとは?

皮膚の表面がやけどを負った場合、一番大切なのは、すぐに冷水で冷やすことです。

もし、衣服を身に着けている部分がやけどしてしまったら、衣服を着たまま、冷やしましょう。下手に脱ごうとすると、皮膚が衣服と一緒にはがれてしまうことがあるからです。

そして、やけどを負った患部の少し上のあたりから、できれば、流水で冷やします。時間としては、15分~30分ぐらい冷やしてください。

スポンサーリンク

もし、氷や保冷剤を使う場合は、直接ではなく、清潔なガーゼなどに包んで患部にあてます。

冷やしている時に、体の他の部分が冷えすぎてしまわないように、特にお子さんやお年寄りの方は、注意しましょう。低体温になってしまう危険もあります。

冷やすとなぜ良いのでしょうか。やけどが皮膚の深いところまで進行するのを防ぐことができます。

また、痕が残りにくくなりますし、痛みも抑える効果もあります。

皮膚が赤くなる程度のやけどなら、しっかりと冷やした後、市販の軟膏などを塗ると良いでしょう。

 

水ぶくれは冷やし方に注意!中程度のやけどの場合

やけどの処置に焦りは禁物!やけどの回復に差が出るセルフケアとは?

皮膚の表面の下の真皮という層までやけどすると、水ぶくれになります。水ぶくれになってしまっていたら、やぶらないようにしましょう。

水ぶくれはやぶれると、そこから細菌が入り込み、感染症を合併する危険もあるからです。

まずは、痛みが治まるまで冷水で冷やしましょう。冷やし方は、軽度の場合と同じように行えます。

冷やしたら、自己判断で薬や軟膏を塗らずに、細菌感染の危険がありますから、病院に行き、適切な処置を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

 

衣類はそのまま!すぐに救急車を呼ぶべきケース

やけどの処置に焦りは禁物!やけどの回復に差が出るセルフケアとは?

もしやけどを体の広範囲に負った場合や、深いやけどを負った場合は、命の危険がありますから、すぐに救急車を呼びましょう。救急車が来るまでの間に何をしたらいいでしょうか。

衣類を脱がさず、清潔なタオルか、シーツなどを体にかけ、水を掛けましょう。絶対に、衣類を脱がせることや、水を掛ける以外のことはしないでください。

 

程度に応じた対処法を知っておこう

やけどの処置に焦りは禁物!やけどの回復に差が出るセルフケアとは?

やけどを負った場合、どの程度の症状であれ、まずは冷水で冷やすことが大切です。その後、症状に応じた対応を取りましょう。

最初に適切な処置をしておくと、後々の治り具合は大きく変わってきます。まずは、冷静になり、ここで挙げたことを参考にされ、自分にできることを行いましょう。


関連記事

-やけどケア

Copyright© やけど(火傷)になった時の正しい対処法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.